ホーム

CFD Lesson.jp

日本円 vs. ドルインデックス

データ:ジェネシス社 日本円通貨先物、ドルインデックス、比較指標

リスクオフの流れが続いて円買いが活発化してきています。しかし、日本円通貨先物とドルインデックス先物の価格を比較してみると、そろそろ、円買いは一服すると思われます。対ドルインデックス先物で日本円はかなり割高になってきています。ドル円も111円割れしても、直ぐにドルの買い戻しが入ってきています。とりあえず、昨日の高値@111.80円を上にブレイクしてこないと、また、円買いが活発化するでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

E-mini S&P500(CFD)

データ:ジェネシス社 E-mini S&P500先物、フィボナッチ

医療保険制度改革見直し法案をめぐり共和党内が分裂していることを受け、税制改革などトランプ大統領が掲げる他の政策も停滞するとの懸念が拡大。そのため、米株式市場は大きく下げた。目先のサポートゾーン(2341.75~ 2331.75)に到達。次のサポートゾーンは2311.00から2290.75となっている。FRBによる政策金利引き上げも実施され、全て出尽くした感じで、調整の売りが市場に出ている。リスクオフによるドル売りが一巡すると、再び、米株買いが活発化する。米株の押し目買いスタンスに変化はない。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

日本円通貨先物:シーズナル

データ:ジェネシス社 日本円通貨先物、シーズナル

シーズナル(季節性周期)によると、日本円は4月第一週まで円安基調に推移する。しかし、今年に入って、日本円は円高基調に推移してきている。つまり、シーズナルと異なった動きが3カ月間続いている。このような場合、トレンドが強くなって、一気にシーズナルが示す方向とは逆に進む。ところが、今年は111円を割れることができていない。昨年からの円安トレンドが強く、反発が弱いとみるのが正しいだろう。この先、3週間ほどは円安基調なので、もう一度、116円台をトライする円安になるとみている。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

シカゴコーン(トウモロコシ)

データ:ジェネシス社 シカゴコーン、シーズナル

週末にCMEの商品先物市場をチェックすることが多い。どうも、コーンは底値が固まってきているようで、このまま、シーズナルに沿った上昇に転じるように思う。COTレポートによると、実需筋のコマーシャルズが徐々にコーンの買いヘッジをふくらませてきている。短期的に買われ過ぎになってきているので、押しを待ってロングで攻めていきたい。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

NY金先物(CFD)

データ:ジェネシス社 NY金先物、シーズナル

通常、NY金先物市場は7月まで下降傾向が強い。今年に入って、NY金先物はシーズナルどおりの展開となっていることから、この先も軟調に推移すると予測している。もちろん、ユーロとの相関性が強く、ユーロが対米ドルで引き続き安くなっていくことが前提になる。

データ:ジェネシス社 NY金先物、フィボナッチ、%R

%RはNY金先物が短期的に買われ過ぎになっていると示している。また、フィボナッチ分析から、38%の節目まで買戻しが入ったことで、ここから下げていくだろう。注目点は、前日の安値と先週の高値となる。いずれかをブレイクしてると勢いよく走り出すだろう。先週の高値を上に抜いてくることでシーズナルに反した買いとなり、ここまでショートしていた実需筋のコマーシャルズがヘッジ率を変更する可能性が高い。また、昨日の安値を下に切り始めるとファンド筋が一気に売り強めてくるだろう。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

ドルインデックス:テクニカル分析

データ:ジェネシス社 ドルインデックス、フィボナッチ、%R

米連邦準備制度理事会は2日間の日程で開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利の0.25%の引き上げを決定。ただ、FOMC参加者による最新の景気・金利見通しでは、昨年12月時点と同じ年内計3回の利上げを想定していることが明らかとなり、4回への上方修正を織り込みつつあった市場は一斉にドル売りで反応した。

ドルインデックス先物は一旦、目標を達成して、ここから反発する可能性が高い。%Rとプライスとの間にダイバージェンスがみられる。また、フィボナッチ分析によると、100.425から100.235までのサポートゾーンに到達して、ブレイクされずに引けはゾーンの上となった。声明の発表後、思惑売りは事実が確認されて反転というパターンとなるだろう。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

ドル円:テクニカル分析

データ:ジェネシス社 ドル円、フィボナッチ、%R

2月の米卸売物価指数は前月比0.3%上昇と市場予想を上回った。これにより、連邦準備理事会が明日までの日程で開いている会合で利上げを決定する論拠になるだろう。しかし、市場は利上げを織り込んでいることもあり、一時的なドル売りになる可能性が高い。目先のサポートは114.05円だが、113円台前半までドルが売られてもおかしくないようだ。そして、ドルは底値を固めてから、対円で反発していくと予想している。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

英ポンド

データ:ジェネシス社 英ポンド、ストキャスティックス

今週はFOMCをはじめ、いろいろな経済指標も発表される。ボラティリティーの上昇が期待できるが、なかでも、GBPUSDは一部のテクニカル指標との間にダイバージェンスが確認されて、ここから反転する可能性が高い。特に、先週の高値@1.2300をブレイクすると、かなり強い買いが入ってくるだろう。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

NY原油先物(CFD)

データ:ジェネシス社 NY原油先物、OBV、フィボナッチ

EIAの在庫発表を受けて大きく下げたNY原油先物。しかし、気になるのはOBVがそれほど下げてきていない点。節目の62%を下にブレイクして、下降トレンド入りしたとみえるが、意外と、ここから下げるのは難しいのかもしれない。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

日本円通貨先物

ADP全米雇用報告は予想を大幅に上回る伸びとなったことで、一気に米金利引き上げが現実味をおびて、ドルが対日本円で上昇中。

データ:ジェネシス社 日本円通貨先物、シーズナル、OBV

今年に入って、季節性周期(シーズナル)とは反対に円高基調となっている。2016年も同じ状況だったが、そのときはOBVも上昇していた。昨年は出来高を伴って上昇していた日本円通貨先物だったが、今年はOBVが上昇していない。どちらかと言えば、OBVは下降している。つまり、今年は日本円が強いのではなく、対日本円で米ドルが弱い。10日の米雇用統計を前に、ドル円は堅調な労働市場を期待して116円まで上昇するように思う。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This
Profile
  • 成田博之
  • Seahawk Pte Ltd 最高経営責任者。

    ノースカロライナ大学卒業。シンガポールでの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、2006年までオーストラリアで自己資本を運用するプライベート・トレーダーとして活躍。帰国後、FX業者でディーリングやコンサルティング業務に従事。現在、運用の傍ら投資関連の企画やルール開発を行っている。アドバイザー兼トレーダー仲間として、ラリー・ウィリアムズやジョー・ディナポリ、ラルフ・ビンズから絶大な信頼を得ている。
SaxoBank
SAXO BANK
  • サクソバンク証券株式会社
  • サクソバンク証券は、EU監視下に置かれたサクソバンク(SAXO BANK A/S)の100%子会社であり、日本国内では、FXとCFDのサービスを提供しています。サクソバンクが世界180国以上に展開する世界品質の取引環境を日本の投資家様にお届けいたします。

ページの上部に戻る