ホーム

CFD Lesson.jp

ドル円…テクニカル分析

データ:ジェネシス社 ドル円、フィボナッチ、バリュエーションモデル

以前、ブログでコメントしたドル円ですが、バリュエーションモデルがニュートラルゾーンまで下げてきています。112円辺りが妥当なレベルのようです。ドル円は米長期金利の動きにかなり影響を与えていますが、今後、米国債Tbond先物が売り込まれて長期金利の上昇がおきない限り、115円の壁を越えていくのは難しいでしょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

NY銅先物(CFD)…テクニカル分析

データ:ジェネシス社 NY銅先物、ターゲットシューター

7月いっぱいは堅調に推移しているNY銅先物ですが、前回の高値圏を超える材料はないように思います。2.72から2.80の間が思いのほか厚いレジスタンスゾーンになっています。かなりロングが積み上がってきているので、今週、レジスタンスゾーンをブレイクできないと、その後が下降トレンドへ逆戻りになるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

英ポンド…テクニカル分析

データ:ジェネシス社 英ポンド、%R

英ポンドは7月末まで対米ドルで上昇基調。短期的なトレンドラインをブレイクしました。しかし、短期%R は既に買われ過ぎになっているので、ここから押される可能性が高い。押されたところで買うスタンスです。COTレポートの発表が待たれますが、ここまで実需筋であるコマーシャルズが売りヘッジを進めています。大口トレーダーのファンド筋とのポジションのひらきが狭く、まだ英ポンドが大きく崩れるとは思えません。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

ドル円…テクニカル分析

データ:ジェネシス社 ドル円、バリュエーションモデル、フィボナッチ

FRBイエレン議長の発言をうけて、ここまで一本調子で上げてきた米ドルが売られる展開になりました。米国債Tbond先物と比べてもドル円は割高ですから、ここで少しポジション調整の売りにおされるでしょう。但し、112円を割っていくほどの円高は難しく、115円から112円のレンジ内での取引が続くと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

NY原油先物(CFD)

データ:ジェネシス社 NY原油先物、バリュエーションモデル

大手投資銀行、数行がWTIの見通しを引き下げて40ドル割れがマーケットで囁かれていました。しかし、2週間前に他市場と比べて、NY原油先物はかなり割安になっていました。今のところ、ポジション調整の買い戻しが中心のようですが、55ドル台になるとかなり割高となっています。他市場との比較ですから、NY原油先物価格のレベルだけではレジスタンスは決められません。商品先物市場は金融デリバティブマーケットよりヘッジプレイヤーの影響が強く、限月間のスプレッドなどにも目を向ける必要があります。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

NY原油先物(CFD)

データ:ジェネシス社 NY原油先物、%R

短期%R とプライスとの間にダイバージェンスが出現しました。ここまで、実需筋であるコマーシャルズの買いヘッジの積み上がりも進んでいます。また同時に、大口投資家のファンド筋のショートポジションも積み上がってきています。このポジションの差が拡大基調ですから、そろそろ、反転してもおかしくありません。昨日の高値をブレイクしたところで上昇モメンタムが強まると思います。一方で、下降トレンドは継続していますので、一昨日の安値をブレイクするとダイバージェンスが否定されて売りが加速すると思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

ドルインデックス

データ:Free COT data ドルインデックスのCOTレポート

先週の金曜日は米雇用統計に全世界が注目していたようだが、COTレポートに目を向けていたトレーダーは少なくない。ドルインデックスは今年、下降トレンドを強めています。しかし、ここにきて、実需筋であるコマーシャルズの買いヘッジが積み上がってきています。大口トレーダーのファンド筋はかなりショートポジションを積み上げきています。コマーシャルズとファンド筋のポジション推移を示すラインが接近してクロスする寸前まで迫っています。過去にもラインがクロスするところで大きな動きが出てきています。ここ暫くはドルインデックスに注目が集まるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

日経平均

データ:ジェネシス社 日経平均、COT代用指数、ウィリアムズADライン

順調に下げてきている日経平均ですが、ウィリアムズADラインはそれほど強く下げてきていません。今晩の米雇用統計の結果次第となるのでしょう。なかなか下げ基調にならない日経平均ですが、シーズナルパターンも下降局面に突入しているので、ここは下げに賭けるべきでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

NY原油&ドルカナダ

データ:ジェネシス社 NY原油先物、ドルカナダ

独立記念日ホリディ前まで買い戻しが活発だったNY原油先物はドル高とOPECの供給増加とのニュースに反応して下落しました。しかし、ドルカナダの反応は思ったほどではなく、この先、ドル買い・カナダ売りが活発になると思われます。NY原油先物とドルカナダとの逆相関関係が先月、崩れていたこともあって、昨日はドルカナダの反応が鈍かったと思います。NY原油先物価格は50ドルを割ってくると、これまでもドルカナダの反応が鈍くなっているのは事実です。そこで、NY原油先物とドルカナダのスプレッドは下降局面に突入しているので、ここは、NY原油先物売り・ドルカナダ買いのスプレッド戦略の方がアウトライトにドル買い・カナダ売りよりもポジションが建てやすくなっていると思います。

データ:ジェネシス社 NY原油先物/ドルカナダ、ストキャスティックス

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

英ポンド…テクニカル分析

データ:ジェネシス社 英ポンド、フィボナッチ、ストキャスティックス

6月28日のブログでは戻り売りスタンスとしていた英ポンドですが、6月8日の高値をブレイクして、下降から上昇へ転換しました。英ポンドは7月に対米ドルで堅調に推移していることもあり、結局、ショートの損切りだけに終わってしまいました。ドテンできていないので、ここは下げてきたところを拾うスタンスに変更です(>_<) 上昇力が強いと押されても38%前後までしか下げないでしょう。

データ:ジェネシス社 英ポンド通貨先物、シーズナル

ここは38%から段階的に62%まで分割でロングを仕掛ける戦略となります。COTレポートを分析すると、実需筋であるコマーシャルズにそれほど変化はありませんが、大口投資家のファンド筋は英ポンド通貨先物のショートをふくらませていました。ところが、マーケットは思っていた以上に買い戻しが強く、独立記念日ホリディ明けの今日は全体のポジションは軽くなっていると思われます。午後のロンドン株式市場のスタート直後の動きに注意していきたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This
Profile
  • 成田博之
  • Seahawk Pte Ltd 最高経営責任者。

    ノースカロライナ大学卒業。シンガポールでの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、2006年までオーストラリアで自己資本を運用するプライベート・トレーダーとして活躍。帰国後、FX業者でディーリングやコンサルティング業務に従事。現在、運用の傍ら投資関連の企画やルール開発を行っている。アドバイザー兼トレーダー仲間として、ラリー・ウィリアムズやジョー・ディナポリ、ラルフ・ビンズから絶大な信頼を得ている。
SaxoBank
SAXO BANK
  • サクソバンク証券株式会社
  • サクソバンク証券は、EU監視下に置かれたサクソバンク(SAXO BANK A/S)の100%子会社であり、日本国内では、FXとCFDのサービスを提供しています。サクソバンクが世界180国以上に展開する世界品質の取引環境を日本の投資家様にお届けいたします。

ページの上部に戻る