ホーム

CFD Lesson.jp

E-mini S&P500先物(CFD)…テクニカル分析

データ:ジェネシス社 E-mini S&P500先物

昨日もこのブログで書きましたが、Eミニの上昇モメンタムは薄れてきています。しかし、上昇トレンドを否定する要因がないため、値動きが鈍くなっているだけで下降してきていません。アウトサイドバーを中心として”3バーコイル”パターンを形成しています。このレンジを上にブレイクすると、想定以上に上げてくると思います。今日は、アジア時間帯でEミニが下げてきていますが、まだレンジをブレイクしていません。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

E-mini S&P500先物(CFD)

データ:CME FED Watchより

FOMC後の声明を受けて、12月に利上げというスタンスがより明確になってきています。0.25%の引き上げと予想が56.6% から70.5%に上昇しています。想定範囲内とみているアナリストが多くいる一方で、12月の利上げは50%を少し超えるだけでした。このような市場参加者のセンチメントが強く市場に影響をもたらしています。ビックデータを活用した運用が進む中、トレンドよりもセンチメントの変化をビックデータから読み取る運用社がかなり増えています。

データ:ジェネシス社 E-mini S&P500先物、%R

米株式市場の先行きを楽観している投資家が多いのですが、Eミニの上昇モメンタムが薄れてきています。インサイドバーを形成しただけではなく、引き続き、短期%R とプライスとの間にダイバージェンスが出現しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

NY砂糖先物(CFD)

データ:FreeCOTdata NY砂糖先物のCOTレポート

NY砂糖先物市場では、実需筋であるコマーシャルズの買いヘッジがかなり積み上がっています。大口投資家のファンド筋の売りポジションが増えていたのですが、ここにきてショートポジションを解消する動きがみられます。

データ:ジェネシス社 NY砂糖先物、シーズナル

NY砂糖先物は、この時期、堅調に推移していますので、そろそろ、ロングしたいところです。そこで、ここまでの出来高とプライスをチェックしてみます。

データ:ジェネシス社 NY砂糖先物、OBV

ここ暫く、NY砂糖先物価格は横ばいでしたが、OBVはプライスと比べて堅調です。これは上昇が期待できそうです。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

ユーロFX通貨先物(CFD)

データ:FreeCOTdata ユーロFX通貨先物のCOTレポート

ユーロFX通貨先物は、引き続き、堅調に推移していますが、大口投資家のファンド筋のロングポジションがかなり積み上がってきています。一方で、実需筋であるコマーシャルズは売りヘッジを膨らませているため、かなりポジションが傾いています。

データ:ジェネシス社 ユーロFX通貨先物、シーズナル

通常であれば、ユーロFX通貨先物は8月に軟調ですが、今年はシーズナルパターンに反して上昇してきました。例年、9月はユーロ高になっていますが、ここまでシーズナルパターン通りの動きとなっていないユーロFX通貨先物ですから、この先の動きを予測する際、シーズナルはあまり参考にできません。

データ:ジェネシス社 ユーロFX通貨先物、フィボナッチ

既に、一度、サポートゾーン(1)まで下げているので、ユーロFX通貨先物は反発すると思います。徐々に上昇モメンタムが薄れているため、再び、サポートゾーン(1)を試すと思いますが、サポートゾーン(2)がかなり重要なサポートエリアになっています。サポートゾーン(2)を下に割って下げてくる要素はありません。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

オーストラリアドル通貨先物(CFD)

データ:FreeCOTdata オーストラリアドル通貨先物のCOTレポート

先週、少し値を下げたオーストラリアドル通貨先物ですが、COTレポートをみる限り、まだまだ、実需筋であるコマーシャルズと大口投資家のファンド筋のポジションがかなり傾いています。

データ:ジェネシス社 オーストラリアドル通貨先物、OBV、%R

以前、オーストラリアドル通貨先物のプライスとOBVとの間にはダイバージェンスがみられます。一旦、短期%R は売られ過ぎになりましたが、今はニュートラルとなっているので、そろそろ、もう一段の豪ドル売りが入ってくるように思われます。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

トウモロコシ先物…テクニカル分析

データ:ジェネシス社 トウモロコシ先物、OBV

日足のトウモロコシ先物は12日に大きく値を崩して二番底をつけたようです。ここ二日間は値動きが鈍くインサイドバーを形成しています。OBVは順調に上げてきているので、ここはレンジを上にブレイクしたところで上昇波に乗っていきたいところです。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

英ポンド通貨先物(CFD)

データ:FreeCOTdata 英ポンド通貨先物のCOTレポート

今回は実需筋であるコマーシャルズが買いヘッジを先行させていたため、英ポンド通貨先物は思っているよりも上昇が続くと思います。

データ:ジェネシス社 英ポンド通貨先物、フィボナッチ

しかし、英ポンド通貨先物は目先、買われ過ぎになっています。チャート上の矢印がレジスタンスポイントですが、既にマーケットはここまで上げてきています。これより先にはかなり分厚いレジスタンスゾーンが1.3592から1.3959まで控えています。英ポンド通貨先物の季節性周期はこの時期、横ばいと方向感が乏しくなっています。大きく売り込まれることはないでしょうが、押しを待ってから英ポンド通貨先物を買うスタンスが正しいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

カナダドル通貨先物(CFD)

データ:FreeCOTdata カナダドル通貨先物のCOTレポート

カナダドル通貨先物のCOTレポートを分析すると、大口投資家のファンド筋と実需筋であるコマーシャルズのポジションが大きく傾いています。コマーシャルズは売りヘッジを積み上げていますが、一方で、ファンド筋は大量のカナダドル通貨先物のロングポジションを保有しています。

データ:ジェネシス社 カナダドル通貨先物、シーズナル

カナダドル通貨先物は、これまで9月中旬から下降する傾向が強くなっているため、そろそろピークが間近に迫ってきています。今年、カナダドル通貨先物はシーズナル通りに動いていることもあり、そろそろ転換する可能性が高いでしょう。

データ:ジェネシス社 カナダドル通貨先物、OBV、フィボナッチ

マーケットは既にレジスタンスゾーンに突入しています。0.8133から0.8477までがフィボナッチによるレジスタンスゾーンとなっています。

データ:ジェネシス社 カナダドル通貨先物、%R

日足のプライスパターンを確認すると、アウトサイドバーのダウンクローズを形成しています。ここから若干の反発が期待できるため、戻りをまってショートしたいと思います。9月8日と12日の高値を上にブレイクしないことが条件になりますが、この数日は様子を観ることになります。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

E-mini S&P500先物(CFD)

データ:FreeCOTdata S&P500のCOTレポート

大口投資家のファンド筋と実需筋であるコマーシャルズのポジションに大きな変化がなく、トレンドが転換するとは思えませんでした。問題は、そのトレンドを下降へ転換したと判断していたことでした(T^T)

データ:ジェネシス社 E-mini S&P500先物、OBV

値幅が狭いインサイドバーが3本も続き、下降トレンドにシフトしたと判断していため、OBVを確認していませんでした。OBVは順調に上げてきていましたが確認していなかったので気がつきませんでした(>_<)

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This

トウモロコシ先物(CFD)

データ:FreeCOTdata トウモロコシ先物、COTレポート

トウモロコシ先物のCOTレポートは二週間前にコマーシャルズとファンド筋のポジションがクロスしました。本来、トウモロコシ先物価格は下げてくると思っていたのですが、ここにきて下げ止まった感じです。

データ:ジェネシス社 トウモロコシ先物、OBV

週足単位のOBVは思っていたほど下げていません。プライスは下げてきてるので、OBVとプライスとの間にダイバージェンスが出現しています。これが、下げ止まっている理由なのかもしれません。おそらく、実需筋であるコマーシャルズが売りヘッジを解消して買い戻しを活発に行っているからでしょう。

データ:ジェネシス社 トウモロコシ先物、シーズナル

コマーシャルズの買いに支えられているため、ここからトウモロコシ先物をロングしたいのですが、シーズナルパターンがそれを邪魔しています。トウモロコシ先物は、少なくても今月いっぱい、軟調に推移するようで、もう一度、下げて二番底をつけてから買いに出るべきだと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 Googleブックマークに追加 Digg This
Profile
  • 成田博之
  • Seahawk Pte Ltd 最高経営責任者。

    ノースカロライナ大学卒業。シンガポールでの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、2006年までオーストラリアで自己資本を運用するプライベート・トレーダーとして活躍。帰国後、FX業者でディーリングやコンサルティング業務に従事。現在、運用の傍ら投資関連の企画やルール開発を行っている。アドバイザー兼トレーダー仲間として、ラリー・ウィリアムズやジョー・ディナポリ、ラルフ・ビンズから絶大な信頼を得ている。
SaxoBank
SAXO BANK
  • サクソバンク証券株式会社
  • サクソバンク証券は、EU監視下に置かれたサクソバンク(SAXO BANK A/S)の100%子会社であり、日本国内では、FXとCFDのサービスを提供しています。サクソバンクが世界180国以上に展開する世界品質の取引環境を日本の投資家様にお届けいたします。

ページの上部に戻る